蒼空に魅せられて
飛行機に魅せられて、あちこち旅するおっさんのブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
2017年ANAの機材計画が発表されました
20170222_熊本01

ども、空旅です。

今年度のANAの機材計画が、昨日発表になりました。
それによると、退役は16機(B777-200×3、B767-300×4、B737-500×5、A320×4)だそうです。
ちなみに新規導入は18機(B787-9×6、A321neo×6、A320neo×3、Q400×3)となっています。

まあ覚悟はしていましたが、B735は一気に5機減りますか・・・。
5機となると、JA81xxやJA85xxが退役ですかね。
また、在来型のA320も、とうとう残りが1桁になってしまいますね。

新型機が増えるのは楽しみですが、ちょっと寂しいかなぁ。


本日の写真は、今年2月に熊本空港に駐機中のJA8195の後方を離陸していくJA303Kです。
JA303Kの離陸が遅れた為に撮影できた写真です。
スポンサーサイト
トランスアジア 会社解散へ
ども、空旅です。


昨日、台湾の航空会社であるトランスアジア航空が、会社を解散するとの
驚きのニュースが飛び込んできました。
2014年と2015年に発生した墜落事故の影響で利用客数が減少した上に、
他社との競争激化等によって損失が大きくなり、事業の継続が不可能と
判断した結果のようです。
今年10月には仙台空港に就航したばかりで、12月からは福岡にも就航する
事になっていましたが、それも露と消えてしまいました。


TransAsia_A320.jpg
TransAsia_A321.jpg
TransAsia_A330.jpg
写真は、トランスアジア航空の日本乗り入れ機材であるA320、A321、A330
ですが、これらももう撮影出来なくなってしまいました。
スカイマークの支援企業が確定
IMG_1905.jpg

ども、空旅です。

去る5日に行われた債権者集会で、スカイマークの債権計画についてANAが
支援を行う事が決定しました。
ANAはスカイマークの独立性は尊重すると言ってますが、はてさてどうなり
ます事やら。
これからの出来事をしっかり見届ける必要がありますね。


一部の報道では、大口債権者であるエアバスとANAの間で航空機購入の
裏約束があるとも報じられてますが、まあそこは大人の世界と言う事で(笑
ただ報道にある様に、A380を購入するかは疑問ですね。
使い勝手が悪い飛行機ですしね。


写真は、先月鹿児島空港に着陸したスカイマークのB737-800 JA73NMです。
JAL本体所有機の塗り替え完了
ども、空旅です。

JA623J.jpg
JAL本体の所有機の中で、最後の太陽のアーク塗装となっていた3機のB767の内、
JA623Jが鶴丸塗装へと塗り替えられたそうです。

JA8269.jpg
JA8299.jpg
残りの2機(JA8269、JA8299)は塗装変更せずに退役となるらしいので、これで
JAL本体の所有機は全て鶴丸塗装になりました。

J-AIRやJACの機体はどうなるのか解りませんが、2011年から始まった鶴丸への
塗装変更も、これでひと段落と言った感じでしょうか。

でも、ちょっと寂しいですね。
AIR DO 新潟ラストフライト
ども、空旅です。

サマースケジュールのスタートに伴い、AIR DOの幾つかの路線が廃止され、
ANAへ移管されました。
そこで運航最終日である昨日、千歳-新潟の最終便に乗る為に新潟に
行ってきました。

KIJ_AIRDO_LAST01.jpg
千歳発の最終便の118便が、定刻より少々早く新潟空港に到着しました。
この時、使用機材がJA12ANである事が解りました。

KIJ_AIRDO_LAST02.jpg
B搭乗口に掲示されたAIR DO119便の表示。
この表示もこの日が最後になります。

KIJ_AIRDO_LAST03.jpg
時間となり搭乗が開始されると、関係者が横断幕を持って搭乗客を出迎でます。
この時搭乗の記念として、AIR DOオリジナルのオニオンスープとマグネットが
プレゼントされました。

KIJ_AIRDO_LAST04.jpg
搭乗が終わってプッシュバックが始まろうとする時、ANAの地上スタッフが
横断幕を持って見送っています。
まあプッシュバックが始まると、さっさと引き上げていったのには興醒め
でしたけどね。

KIJ_AIRDO_LAST05.jpg
新潟空港の窓に写ったJA12ANの垂直尾翼。
こんな風にきっちり見えるもんなんですね。

KIJ_AIRDO_LAST06.jpg
JA12ANのウィングレッドに描かれたベア・ドゥと朝日連山。
この景色も見納めですね。

その後119便は順調に飛行を続け、定刻に北の大地へと到着しました。


普段の新潟-千歳便の搭乗率がどれ位だかは解りませんが、最終便への
搭乗客は定員の半分位でしたでしょうか。
飛行中の機長のアナウンスでも、到着時のCAのアナウンスでも、この日が
最終日である事に触れていましたが、だからと言って大きな騒ぎが起こる
でもなく、淡々と静かな幕引きを迎えました。

こう言う最後の迎え方、これもまた良いのでしょうね。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ