蒼空に魅せられて
飛行機に魅せられて、あちこち旅するおっさんのブログです。
201209<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201211
B787 宮崎就航
ども、空旅です。

本日は、B787の宮崎就航初日と言う事で、宮崎に行ってきました。
日帰りで・・・。

宮崎_121028_01
B787の初便である609便が、定刻より7分程早く宮崎空港の
滑走路に着地しました。

宮崎_121028_02
栄えある初便の任を担ったのは、登録番号JA810A、国内線仕様機です。
どうせなら、特別塗装の国際線仕様機を使えば良いのにと思いますけどねぇ。
しかし、何度見てもエンジンがでかいです。

宮崎_121028_03
静かに着陸したB787は、沢山の人が出迎えるターミナルに向かって、
静かに進んできます。

宮崎_121028_04
で、そのB787を出迎えたのが、消防車による放水のアーチです。
空旅がB787の就航初便に立ち会うのは、この宮崎が5回目ですが、
消防車の放水のアーチを見るのは、山口宇部に続いて2回目です。

宮崎_121028_05
ちなみにこの放水、アーチになるだけに機体の両側からやっていたのですが、
風が山側から海側に向かって吹いている為(画面の左から右)、2番の
消防車の放水は風に押され気味になっていて、消防車の後ろに虹が出来てました。

宮崎_121028_06
デッキでの撮影を終え、折り返しの宮崎発の初便である610便搭乗の為に
待合室に行ってみると、搭乗口にこんな看板が掲示されてました。
多分セレモニーをやるんだろうなと思っていると・・・

宮崎_121028_07
お偉いさん達の祝辞に続いて、テープカットがありました。
祝辞の写真も撮りましたが、おっさんの話してる姿なぞ面白くもないので、
テープカットだけ載せておきます。

昨年の11月に羽田-岡山便でデビューしたB787も、これで9路線目。
今日は宮崎便に続いて札幌便にも就航しましたので、とうとう2桁の10路線と
なりました。
12月には東京-高松便にも就航しますので、徐々に勢力を拡大してますね。
その分、B767が減っていってるんだろうなぁ。


本日のおまけ

宮崎_121028_08
宮崎空港は、約3年振りの訪問だったのですが、送迎デッキが整備された上に、
こんな飛行機が展示されていました。
この機体、宮崎に本校がある航空大学校で、パイロットの訓練に使用していた
ビーチクラフトC90Aです。
この機体はパイロット訓練課程の最終段階で使用されていたもので、その課程が
行われていたのは、航空大学校仙台分校です。
ご存じの通り、昨年3月の地震で仙台空港は津波に巻き込まれました。
展示されているJA8850は、地震発生時には訓練飛行を行っており、
仙台空港に着陸しようとした所、地上よりゴーアラウンド(着陸復行)を指示され、
そのまま上空に留まった事で、津波の被害から逃れた機体です。
こういう機体こそ、いつまでも大切に保存展示して頂きたいと、切に願います。
スポンサーサイト
平成24年度 自衛艦一般公開 その2
ども、空旅です。

先程upした自衛艦一般公開の続きです。

横浜港一般公開_07
新港埠頭から大桟橋まで歩いている途中で、瑞穂埠頭、別名ノース・ドックに
停泊中の輸送艦「くにさき」を撮影。
この瑞穂埠頭、使用者は米軍であり、基本的に一般人の立ち入りは制限されて
いることから、この日は一般公開は無し。
7日の公開では、こちらも大桟橋で公開されていたので、見事に見損ねました。

横浜港一般公開_08
大桟橋の到着すると、そこに護衛艦「ひゅうが」が停泊しています。
やはりでかいですね。
丁度フロッグマンの装備が置かれていたので、それを手前に入れて撮ってみました。

横浜港一般公開_09
ここでも荷物検査を受けてから乗艦すると、艦首側の第一エレベータで甲板へと
移動します。
写真はありきたりですが、第一エレベータから艦橋を見上げたものです。

横浜港一般公開_10
エレベータが上昇中。
その上昇した先はと言うと・・・

横浜港一般公開_11
広いですなぁ。
なお、左側に映っているのは、丁度大桟橋に停泊中だった客船「ふじ丸」です。

横浜港一般公開_12
こちらは、甲板上で公開されていた対潜ヘリ。
ローターや胴体後部が折りたたまれた状態になっています。
ちなみにこのヘリ、訓練や公開用に積んでいる除籍された機体との話ですが、
本当なんですかね。

横浜港一般公開_13
右舷側に寄ってそそり立っている艦橋構造物を艦尾側から撮影してみました。
後部にあるブリッジの様な部分は、ヘリの指揮所です。

横浜港一般公開_14
甲板からは、艦尾側の第二エレベータで降ります。

横浜港一般公開_15
エレベータを下りた先は、ヘリの格納庫です。
この写真は艦首側から艦尾側を撮ったものですが、こちらも広いですねぇ。
この後は下船するだけなんですが、ブリッジとかも見てみたかったです。
まあ無理なんでしょうが・・・。

横浜港一般公開_25
下船して艦尾の方へと歩いて行くと、救命艇が見えたのでパシャリ。あ
左下に見えるのは、対潜用の短魚雷発射管です。
これを見て「ああ、ひゅうがも護衛艦なんだな」と思った私は変ですかね?

この後は友人と合流する為に、再び歩いて新港埠頭へと移動。
もう一度「やまゆき」と「ちはや」の艦内見学し、ちょろちょろと写真を
撮ってました。
横浜港一般公開_27
「やまゆき」のヘリデッキから見る「ちはや」の艦尾と自衛艦旗。
横浜港一般公開_28
陽を浴びて輝く「やまゆき」中央の構造物。
うーん、まさに機能美ですなぁ。

横浜港一般公開_26
その後、2隻を斜めから見える位置に移動し、日が暮れて電飾が始まるのを
待ちます。

横浜港一般公開_16
少しずつ暗くなり、その時が徐々に近付きます。

横浜港一般公開_18
そしてその時が始まります。

横浜港一般公開_19
こちらは、山下公園から撮った「ひゅうが」の電飾姿。
右奥にあるのは、瑞穂埠頭の「くにさき」の電飾姿。
図体が大きいからなのか、ちょっと寂しい感じがします。
同じ山下公園から見えるこれを見ちゃうとねぇ。
横浜港一般公開_21

今日のおまけ
横浜港一般公開_20
「やまゆき」艦上で見つけた注意書きです。
こう言う事態がこの艦に起らず、静かに退役できる事を願ってやみません。
平成24年度 自衛艦一般公開 その1
ども、空旅です。

昨日天気の良さに誘われて、横浜港で行われている自衛艦の一般公開に
行ってきました。

まずは桜木町で下りて、新港埠頭で公開している護衛艦「やまゆき」と
潜水艦救難艦「ちはや」へと向かいます。

横浜港一般公開_01
向かって左が「やまゆき」、右が「ちはや」です。
並んでいる姿を見ると、「やまゆき」の細さが解りますね。

横浜港一般公開_02
荷物検査を通過し、「やまゆき」に乗艦してブリッジへのラッタルを上り、
ふと振り返って撮ったのが、右舷側のCIWSとレーダーマスト。
鯉のぼりが気持ち良さそうに泳いでました。

横浜港一般公開_22
ブリッジに入ってみると、そこは人・人・人。
艦長席にも座れたのですが、そこは大人気スポットでお子ちゃま達がわんさか!
どうにか近付いた窓から、前甲板を見下ろします。
手前には、対潜ミサイルであるアスロック発射機と、その奥には主砲があり、
なかなかの光景ですね。

横浜港一般公開_03
混雑して写真が撮れないブリッジを早々に退散し、次は前甲板へと移動。
写真は、「やまゆき」の主砲であるオート・メラーラ76mm単装砲。
砲身が長くて、24mmレンズでぎりぎりでした。

横浜港一般公開_04
続いて、「やまゆき」左舷に停泊中の「ちはや」に渡り板を渡って移動。
「ちはや」に乗艦して出迎えてくれたのが、これ。
「ちはや」の主要兵装であるDSRV(深海救難艇)です。
これがないと、潜水艦救難艦の意味ないですからね。
ちなみに「ちはや」は、2001年にハワイ沖で発生したえひめ丸の沈没事故で、
愛媛県からの要請で災害派遣として出動し、DSRVの捜索で8名のご遺体を
収容しています。

横浜港一般公開_23
初めて間近で見たDSRVに気分が高揚しながら、一路ブリッジへ。
そこは「やまゆき」と同様に人・人・人。
「やまゆき」とは異なり、ブリッジが広いので圧迫感はありませんでしたが、
それでも写真は撮れずに「くっそ~!」と心の中で思いながら、ここでも窓から
前甲板を見てみます。
こちらは「やまゆき」と異なり、実にスッキリしています。

横浜港一般公開_24
ブリッジから後部へ移動する途中で、DSRVを斜め後方から見下ろします。
いい感じですね。

横浜港一般公開_05
こちらは「ちはや」のヘリデッキから見た「やまゆき」搭載のシースパロー発射機。
一ヶ所だけ蓋が開けられて、訓練用のミサイルの尾部が見えてます。
ちなみにこの後で「やまゆき」の後部デッキに移動し、この訓練用ミサイルを
見てみると・・・
横浜港一般公開_06
猫耳付けてました。
いいのか、これ・・・(汗

この後下船し、大桟橋で公開中の護衛艦「ひゅうが」へと向かいますが、
その模様はのち程。
羽田で撮影
ども、空旅です。

3連休の中日、家でゴロゴロしているのも勿体ないので、
羽田空港に撮影に出掛けてきました。

羽田_2012100701
今日の羽田空港は、午前中は雨が降って、午後は晴れ。
雨が上がった直後に、駐機場の水溜りに映った鶴丸を撮ってみました。
しかし、鶴丸マークも増えてきましたね。

羽田_2012100702
こちらは日差しを浴び、東京ゲートブリッジをバックに、C滑走路を離陸する
AIR DOのB767です。

羽田_2012100703
そして3枚目は、同じくC滑走路を離陸するANAのB747です。
かつては羽田に行けば嫌と言う程見る事が出来たB747ですが、今では
すっかり影が薄くなってしまって・・・。
こんな風景も、いつまで見る事ができるのですかねぇ。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ