蒼空に魅せられて
飛行機に魅せられて、あちこち旅するおっさんのブログです。
201502<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201504
目黒川の桜
池尻_目黒川01
ども、空旅です。

ここ数年、すっかり桜の名所となった目黒川の桜並木ですが、その起点がどこにあるか
ご存じでしょうか?
人出の多い中目黒付近から上流に向かって歩く事20分、目黒川は国道246号線に
ぶつかります。
この国道246号線とぶつかる所に、目黒川の桜並木の最初の1本目があります。
上の写真は、その桜並木のスタート地点を昨日携帯で撮影したものです。

その昔、決して綺麗な川ではなかった目黒川ですが、今ではすっかり桜の映える川へと
様変わりしています。
やはり桜と川と言うのは、絵になるものですね。
スポンサーサイト
AIR DO 新潟ラストフライト
ども、空旅です。

サマースケジュールのスタートに伴い、AIR DOの幾つかの路線が廃止され、
ANAへ移管されました。
そこで運航最終日である昨日、千歳-新潟の最終便に乗る為に新潟に
行ってきました。

KIJ_AIRDO_LAST01.jpg
千歳発の最終便の118便が、定刻より少々早く新潟空港に到着しました。
この時、使用機材がJA12ANである事が解りました。

KIJ_AIRDO_LAST02.jpg
B搭乗口に掲示されたAIR DO119便の表示。
この表示もこの日が最後になります。

KIJ_AIRDO_LAST03.jpg
時間となり搭乗が開始されると、関係者が横断幕を持って搭乗客を出迎でます。
この時搭乗の記念として、AIR DOオリジナルのオニオンスープとマグネットが
プレゼントされました。

KIJ_AIRDO_LAST04.jpg
搭乗が終わってプッシュバックが始まろうとする時、ANAの地上スタッフが
横断幕を持って見送っています。
まあプッシュバックが始まると、さっさと引き上げていったのには興醒め
でしたけどね。

KIJ_AIRDO_LAST05.jpg
新潟空港の窓に写ったJA12ANの垂直尾翼。
こんな風にきっちり見えるもんなんですね。

KIJ_AIRDO_LAST06.jpg
JA12ANのウィングレッドに描かれたベア・ドゥと朝日連山。
この景色も見納めですね。

その後119便は順調に飛行を続け、定刻に北の大地へと到着しました。


普段の新潟-千歳便の搭乗率がどれ位だかは解りませんが、最終便への
搭乗客は定員の半分位でしたでしょうか。
飛行中の機長のアナウンスでも、到着時のCAのアナウンスでも、この日が
最終日である事に触れていましたが、だからと言って大きな騒ぎが起こる
でもなく、淡々と静かな幕引きを迎えました。

こう言う最後の迎え方、これもまた良いのでしょうね。
梨の花
2015_梨の花

今年も我が家に春がやってきました。

我が家にある梨の老木ですが、今年も花を咲かせてくれました。
実はだいぶ枝が伸びていた為、この冬に剪定していたので、
咲くか心配だったんですが、ちょっとだけ咲いてくれました。
何か気分がほっこりです。

もう半年
御嶽_20150221

時間が経つのは早いもので、あの御嶽山の噴火から間もなく半年になります。
その御嶽山は未だに噴煙を上げ、活動が収まる気配はありません。
少しでも早く、火山活動が収まる事を願わずにはいられません。

写真は2/21、新潟からい伊丹に向かう飛行機の中から撮影した御嶽山です。
27年目の3月13日
IMG_2742.jpg

ども、空旅です。
今年も3月13日がやってきました。
早いもので、あの日からもう27年の年月が経ってしまいました。

皮肉にも、青函トンネルの開業と同時にデビューした北斗星は、今日出発した
列車が定期運航の最終列車となり、トワイライトエキスプレスは、今日大阪と
札幌に到着した列車が最終運航となりました。

個人的な事を言わせてもらえば、北斗星やトワイライトの廃止については、
あまり興味も無く淡々と見ていました。
青函トンネルと言うのは、連絡船が廃止される原因なんですよね。
そしてそのトンネルを走る列車の代表格だったのが、北斗星とトワイライト
なので、私にとってあの2本の列車は、複雑な感情を持つ列車なんですね。
そしてその列車の最終日が今日であると言う事、こうやって歴史は作られて
いくのでしょうね。

忘れ得ぬ 想い出深き 船の旅
耳に残るは 最後の汽笛

写真は2012年3月25日、長年過ごしたお台場を後にし、解体までの仮の
住処となる新居浜に向けて曳航され、観音崎沖を通過する羊蹄丸です。
4年の年月
I仙台空港_20150220
あの日から4年の月日が経ちました。
この4年が長いのか短いのか。
それは人によって違っていると思います。
ただ全ての人の中で、4年と言う時間が流れた事に変わりはありません。

あの地震で亡くなった全ての方のご冥福をお祈りいたします。

写真は今年2月、仙台空港の展望デッキから撮影したものです。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ