蒼空に魅せられて
飛行機に魅せられて、あちこち旅するおっさんのブログです。
201503<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201505
羽田にて
ども、空旅です。

昨日の事ですが、総理大臣がアメリカに出発すると言う事で、羽田に
政府専用機の撮影に行って来ました。
何せこの政府専用機、日本に残された最後の旅客型のB747ですからねぇ。
撮れる時に撮っておかないとって事ですね。

20150426_01.jpg

17時過ぎ、VIP用の駐機場からのプッシュバックが始まり、2タミの
建物越しに垂直尾翼の日の丸、通称梅干しが見えて来ました。


20150426_02.jpg

“Japanese Air Force 001”のコールサインで離陸許可を取った
主務機 20-1101の前輪が、RW16Lの半分程の所で浮かび始めます。


20150426_03.jpg

そしてあっと言う間に空へと舞い上がって行きました。


20150426_04.jpg

そして主務機が離陸してから約30分後、予備機である20-1102が
羽田空港を後にしました。

既に後継機がB777に決まり、B747の政府専用機が活躍するのも
残り4年となりましたが、最後の最後まで元気に活躍して貰いたい
ものですね。
スポンサーサイト
成田空港で撮影してきました
ども、空旅です。

世間では今日からGWという方もいらっしゃるようですが、私はただの週末です(笑)
で、天気もそこそこ良いし家に居ても暇なので、成田に撮影に行って来ました。


HONDA_JET01.jpg
HONDA_JET02.jpg

まず最初は、離陸するホンダジェットです。
日本でのデモフライトの為に23日に羽田に到着したホンダジェットですが、昨日は成田で
デモフライトを実施して、そのまま成田に居たんですね。

翼の上にエンジンがあると言う姿を見慣れていないので、ちょっと違和感を感じましたが、
エンジンカウルに光る『HONDA』の文字。
レジが“JA”じゃないのがちょっと残念ですが、それでも日本の企業が造った久々の飛行機
ですからね。
成田の長い滑走路の半分も使わずに、軽やかに仙台に向けて飛び立って行きました。

ちなみに明日26日は神戸、29日は熊本、5月2、3日は岡南、4日には再び成田でデモフライトを
実施する予定になってます。


20150425_01.jpg

最初のホンダジェットは全く意識に無かったのに撮れたラッキー撮影でしたが、本日の撮影の
目的の一つは、この機体の撮影でした。
今月2日から成田-台北に就航したタイガーエア台湾のA320です。
いわゆる、台湾のLCCですね。


20150425_02.jpg

こちらもたまたま撮ったものですが、着陸したばかりのポーラエアカーゴのB747-8Fです。
遠目に見た時に機体が真っ白に見えたので、「何じゃありゃ?」って感じでしたが、帰宅後に
調べてみると、結構前からこの塗装で成田に飛来していたようです。
何でもデビュー当初はBAワールドカーゴの塗装だったそうですが、運航契約の解除に伴って
塗装が剥離されたとか。
しかし、機体下部とエンジンカウルにBA塗装の名残が残ってますね。
なんでこんな中途半端なままで飛んでるんだか。

しかし、成田の撮影は物凄く久しぶりでしたが、やっぱり飽きませんねぇ。


<今日のおまけ>
20150425_03.jpg

離陸するSKYTEAM塗装のベトナム航空のA330です。
レドームと右エンジンカウルの一部にだけ、通常のベトナム航空塗装の部品を使ってました。
これもなんだかなぁ。
JAL本体所有機の塗り替え完了
ども、空旅です。

JA623J.jpg
JAL本体の所有機の中で、最後の太陽のアーク塗装となっていた3機のB767の内、
JA623Jが鶴丸塗装へと塗り替えられたそうです。

JA8269.jpg
JA8299.jpg
残りの2機(JA8269、JA8299)は塗装変更せずに退役となるらしいので、これで
JAL本体の所有機は全て鶴丸塗装になりました。

J-AIRやJACの機体はどうなるのか解りませんが、2011年から始まった鶴丸への
塗装変更も、これでひと段落と言った感じでしょうか。

でも、ちょっと寂しいですね。
高田城址の桜
ども、空旅です。

毎年出掛けている桜見学ですが、今年は越後高田の高田城跡に行ってきました。
この高田城跡の桜ですが、桜の名所100選にも選ばれていて、夜桜のライトアップでも
日本三大夜桜の一でもあります。
(残り2つは、青森県弘前公園と東京上野恩賜公園です)

では、拙い写真ですが、高田城址の桜をご覧下さい。

高田城址_01
高田城址_02
高田城址のシンボルでもある復元三重櫓と内堀と桜の組合せです。
上が昼間の風景で、下がライトアップされた姿です。
ほぼ同じ場所で撮影したものですが、昼と夜とで雰囲気が全然違いますね。


高田城址_03
上の写真と反対側から撮影した復元三重櫓と桜です。


高田城址_04
高田城址_05
続いては、復元された極楽橋と桜の組合せです。
やはり上が昼間の写真で、下が夜の写真です。


高田城址_06
高田城址_07
高田城址_08
こちらは、サクラロードと呼ばれる桜並木です。
上から日曜日の午後、日曜日の夜、月曜日の朝の写真です。
いやはや、日曜日と月曜日の人出のギャップが凄かったです。


高田城址_09
南掘沿いの桜並木と妙高連山の山々。
天気が良ければ、もっと素敵な景色になるんでしょうねぇ。


高田城址_10
南掘の道路を挟んで反対側にある西堀の桜並木と西堀橋。
ちょっと電線が野暮ですね(笑)


高田城址_11
同じ西堀の桜ですが、こちらは本丸側の桜。
堀に写る桜が綺麗です。


高田城址_12
サクラロードの奥にある枝垂れ桜と染井吉野の並び。
良く『桜色』と言われますが、こんなにみ濃淡の違いがあるんですね。


高田城址_13
上の枝垂れ桜からちょっと歩いた所にある枝垂れ桜。
花の色が淡い桜色ではありますが、やはり見応えのある桜です。


高田城址_14
城跡を貫く道路沿いの桜並木。
花見シーズンの土日は車両通行止めになる道路ですが、当然人混みも
凄いです。

高田城址にある桜は、各種合わせて約4000本あるそうです。
その桜は城址の敷地一面に広がり、様々な姿を見せてくれました。
やはり桜って良いですね。


今日のおまけ

高田城址_15
長野県須坂市にある米子不動尊へ行く途中で見かけた山桜です。
決して有名な桜の名所ではないですが、こういう桜もまた素敵ですね。

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ