蒼空に魅せられて
飛行機に魅せられて、あちこち旅するおっさんのブログです。
201608<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201610
北海道遠征 旭川編
ども、空旅です。
遅くなりましたが、北海道遠征の第2弾の旭川空港編のお届けです。


今回の旭川遠征の目的は、通常は中部便のみに運航であるB737-500が、
夏季臨時便の関空便にもアサインされるので、その撮影が第一の目的
でした。


201608_AKJ_01.jpg
旭川空港R/W34に進入する中部空港からのNH325便です。

今回の遠征では、当初は時期的にちょうど良い旭川空港周辺の向日葵と
絡めて飛行機の撮影をする事だったのですが、その向日葵は2週連続で
この周辺を直撃した台風によって被害を受けており、残念ながら空港
横の道路からの撮影となりました。


201608_AKJ_02.jpg
ターミナルビルの前をスポットに向けタキシングするNH325便です。
旭川空港は、滑走路が誘導路や駐機場より高くなっている為、機体の
下部が見えません。


201608_AKJ_03.jpg
関空に向けて滑走するNH1794便です。
この機体は、約5時間後にこの旭川空港に戻ってきます。


201608_AKJ_04.jpg
201608_AKJ_05.jpg
東京に向けて離陸するAIR DO84便、使用機材はベア・ドゥ北海道JETです。
ここ最近は羽田で撮影をしていなかったので、今回が初撮影となりました。


201608_AKJ_06.jpg
朝の中部便とは風向きが変わったので、R/W16から進入する関空からの
NH1793便です。


201608_AKJ_07.jpg
午後の陽の光を浴びて滑走路上を誘導路に向けて進むNH1793便。
光を浴びて輝く機体と言うのは、飛行機が美しいと感じる瞬間です。


201608_AKJ_08.jpg
201608_AKJ_09.jpg
中部空港に向けてR/W16を離陸するNH326便です。
着陸時と同じく、午後の陽の光を浴びて輝いています。
やはり美しいです。


201608_AKJ_10.jpg
離陸後、旭川空港上空を進むNH326便です。
少し左旋回をしている為、垂直尾翼の『ANA』の文字が良く見えます。


<今日のおまけ>
201608_AKJ_11.jpg
旭川空港の手荷物受取のターンテーブルの上にあったゴマフアザラシ。
流石は旭山動物園の玄関の空港ですね。
スポンサーサイト
北海道遠征 函館編
ども、空旅です。
先々週末と先週末、2週続けて北海道に撮影に行って来たので、そのご報告です。
まずは、先々週の函館での撮影から。


今回函館に行った目的は、この夏の中部-函館にアサインされていたB737-500の
撮影でした。


201608_HKD_01.jpg
通常は函館空港には飛来しないB737-500ですので、函館らしさを加味した写真が
撮りたいと思いつつ、まずはターミナルの『HAKODATE AIRPORT』の文字をバックに
タキシングするB737-500です。


201608_HKD_02.jpg
最初の写真はベタと言えばベタなので、何かないかなぁと思いつつ撮ったのが
こちらです。
五稜郭タワーを背景に着陸するB737-500です。
何だかよく解らない写真になってますな。


201608_HKD_03.jpg
201608_HKD_04.jpg
201608_HKD_05.jpg
2枚目の後のR/W12への進入シーンです。
進入時に風に煽られてちょっと右に傾き、すぐに立て直したものの、結局接地は
右の主脚からとなりました。
まあこれくらいの傾きなら、乗ってるお客さんもあまり怖くはないでしょうね。


今回は折角函館まで撮影に行ったので、B737-500以外も撮影して来ました。


201608_HKD_06.jpg
201608_HKD_07.jpg
201608_HKD_08.jpg
HACのサーブの3色揃い踏みです。
考えてみると、1日でHACのサーブの3色を全て撮れると言うのは、ベースの丘珠を
除けば函館しかないんですよね。


201608_HKD_09.jpg
AIR DOでは、この夏からB767-300の特別塗装機を飛ばしていますが、この遠征の
時点ではまだ撮影していませんでした。
飛んで来ないかなぁと淡い期待を持っていたのですが、残念ながら飛んで来たのは
通常塗装のJA601Aでした。
特別塗装の撮影は、次の機会へとお預けとなりました。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ