蒼空に魅せられて
飛行機に魅せられて、あちこち旅するおっさんのブログです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
航空自衛隊 浜松広報館
ども、空旅です。

今月はちょっと暇人をしているので、先日は浜松へと出掛け、以前から行ってみたかった
空自の浜松広報館に行って来ました。
この浜松広報館、空自の浜松基地に隣接して建てられていて、駅からはちょっと離れて
いるのですが、なかなか見応えがありました。

浜松広報館_01
現地に到着した見学者を真っ先に出迎えてくれるのが、駐車場の側に置かれている
ブルーインパルス塗装のF-86Fです。
外で展示されている割に、かなり綺麗な状態です。

浜松広報館_02
この浜松広報館、展示資料館と展示格納庫の2つの建物で構成されていて、その間に
展示されていたのが、このF-104J。
こちらの機体の状態もかなり良い状態でした。
ちなみに垂直尾翼のマークが『サソリに星4つ』でしたが、これってどこの部隊でしたかね。

浜松広報館_03
展示資料館の見学通路の最初にあるのが、このXF-2のモックアップです。
モックアップとは言え、なかなか迫力がありました。
このモックアップを始めとして、1階は空自の任務や飛行機のメカニズムに関する展示になっていて、
他にも機体の外部パネルの一部を取り外して中が見える様にしたF-1や、エンジン等が展示
されていました。

浜松広報館_04
浜松広報館_05
そして2階は、空自の装備品等の展示コーナーになっていて、空自で使用している全機種の
模型や、空対空ミサイル(写真上)や対空機関砲(写真下)等が展示されてました。

浜松広報館_06
展示資料館の2階からは、隣の展示格納庫への通路があり、格納庫に入ってすぐの場所で
撮影したのがこちら。
展示されている19機を全て入れてみました。

浜松広報館_07
浜松広報館_08
浜松広報館_09
浜松広報館_10
展示されている機体の中で写真の4機(上からT-2,F-86F,F-104J,F-1)ですが、日替わりで
どれか1機のコクピットに座る事が出来る様になっていて、この日はT-2がその対象でした。

浜松広報館_11
その他の展示機体の中で「おぉ!」と唸ったのがこちら。
イギリスのデ・ハビランド社が製造したDH115 バンパイアです。
何でもT-1開発時の調査・研究用に1956年に1機だけ輸入されたとの事で、そんな機体が
よくもまあ残ってたもんですね。

取り敢えず、浜松広報館は思ってた以上に楽しめました。
はっきり言って、1日居ても飽きませんね。
開館時間は9:00~16:00になりますので、行かれる方がいたら注意して下さい。
ちなみに入館料は無料です。
スポンサーサイト
コメント
コメント
知らなかった!おもしろそう!
行ってみたい‼︎
2015/06/09(火) 21:46:09 | URL | あらしちゃん #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ