蒼空に魅せられて
飛行機に魅せられて、あちこち旅するおっさんのブログです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
富山の旅その3
ども、空旅です。
富山の旅2日目のご報告その2のお届けです。


黒部湖を十分に堪能した後、来る時の経路を逆に辿って、室堂へと向かいます。

立山黒部アルペンルートが開通してからほぼ1ヶ月、この時期にいつも話題に
なるのが、室堂近くに出来る『雪の大谷』ですね。
この『雪の大谷』、立山高原バス道路の除雪によって出来る10m以上の雪の壁の
事で、6月中旬までは室堂から徒歩で訪れる事が出来ます。


20150524_2_01.jpg
徒歩で行ける一番端まで行き、美女平方面を撮ったのがこの写真です。
道路を挟んで直立する雪の壁!
いやはや圧倒されました。

20150524_2_02.jpg
1枚目の写真じゃ雪壁の高さが判りにくいので、通過するバスと一緒に撮ったのが
こちらの写真です。
ま、定番の写真ですね。
訪れた時の雪壁の高さは12mだそうですが、今年の除雪完了直後の高さは19mの
高さがあったそうで、1ヶ月で7mも溶かした太陽の力の凄さを感じました。

20150524_2_03.jpg
ちなみにこの雪壁を魚眼レンズで撮ると、こんな感じになります。


20150524_2_04.jpg
室堂を後にし、立山駅まで降りてきた後に訪れたのは、こちらも立山を代表する
観光スポットである称名滝です。
この称名滝は4段構成の滝で、その落差は350mで日本一の落差を誇ります。
ただねぇ、行くのが大変なんですよ。
駐車場に車を止めてから、舗装された上り坂を歩く事30分、やっと到着です。
黒部湖や室堂で歩き回った脚にとっては、結構辛かったですね。

20150524_2_05.jpg
この称名滝をちょっと引いて見てみると、その向かって右側にも滝があります。
こちらの滝の名前をハンノキ滝と言い、雪解けや梅雨の時期にだけ出現する
幻の滝です。
このハンノキ滝、その落差は称名滝を越える500mと言われています。
ただ年間を通して姿を見せる滝では無いので、日本一の称号が貰えない不幸な
滝でもあります。
しかし、2つの滝が盛大に流れ落ちる姿には、ただただ圧倒されました。

20150524_2_06.jpg
こちらはハンノキ滝の隣に見える滝で、その流れる姿形からソーメン滝と
呼ばれる滝です。
この滝はハンノキ滝以上に幻の滝で、特に水量が多い時にだけその姿を
表します。

称名滝+幻の滝2本。
いやはや、疲れた脚に鞭打って行った甲斐がありました。
(その結果、翌日は脚が痛くて仕方なかったですが・・・)


<今日のおまけ>
20150524_2_07.jpg
夕暮れが近付く中、黄金色に輝く神通川をバックに羽田へと飛び立つ
全日空320便です。
今回の富山訪問は往復とも飛行機を利用した訳ですが、北陸新幹線の
開業で空いてるかなと思ってましたが、往復とも結構な利用率でした。
まあ使用機種をB767クラスからB737クラスに小型化したとは言え、飛行機も
なかなか頑張ってますね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ