蒼空に魅せられて
飛行機に魅せられて、あちこち旅するおっさんのブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
保管YS訪問 所沢編その2
YS11_JA8727.jpg
YS11_JA8727_02.jpg

ども、空旅です。

こちらの写真ですが、航空発祥記念館の格納庫に保管されているYS-11(登録番号JA8727)の
胴体の輪切り部分です。
(今年4月の格納庫公開時に撮影)

このJA8727ですが、2000年2月に丘珠空港への着陸時に滑走路をオーバーランし、その年の
10/4に解体され、10/19に登録を抹消されました。
その後主翼の前方部と後方部の2か所の胴体の輪切りが、JAXAで行われた落下衝撃試験に
使用されました。

この保管されているのは主翼前方の部分で、高さ3mからコンクリート面に自由落下させた
2回目の試験に使用されましたが、良く見ると底面が平になっているのが解りますね。

こんな状態の物を保存する意味があるのかと言う意見もあるでしょうが、航空機の安全性の
確認や、今後の発展の為には大切な試験に使用された物ですから、空旅的にはとても
意味のある保存だと思ってます。

まあ、大好きなYS-11の輪切りと言うのは、あまり見たい物ではありませんが・・・。

ちなみに、JAXAの調布航空宇宙センターには、国土交通省航空局で使用していたJA8720の
機首部分が保存展示されていて、同センターの一般公開日や平日には見学可能です。
(胴体部分は、強度試験に使用されましたが、その一部は共同研究先の長崎総合科学大学に
試験素材として提供されましたが、どうなったんだろうなぁ)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ