蒼空に魅せられて
飛行機に魅せられて、あちこち旅するおっさんのブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
石川県立航空プラザ
ども、空旅です。

先日小松に行った時に、空港近くにある石川県立航空プラザに立ち寄ってきましたので、
そのご紹介です。


AIR_PLAZA01.jpg
この石川県立航空プラザ、小松空港から道を隔てた場所に有り、空港から徒歩でも5分程で
到着できる非常に恵まれた立地です。
そして何より嬉しいのは、入場料が無料って事です。
入場料が無料って事は、その運営費は石川県の税金で賄われている訳で、県民の皆さんに
感謝しなきゃなりませんね。


AIR_PLAZA02.jpg
入口を入ってまず最初に出迎えてくれたのは、日本のアクロバット飛行の第一人者であった
ロック岩崎氏が使用していたピッツS-2Bです。
空を飛んでいる姿を見るとそうは感じないんですが、案外小さいもんですね。
ロック岩崎氏がコウノトリ但馬空港で墜落死してから、早くも10年の年月が過ぎました。
本当に、時の流れるのは早いものです。


AIR_PLAZA03.jpg
さてこの石川県立航空プラザ、県立の施設と侮るなかれ。
何気にマニアックな物が展示されてたりします。
まずは、このピラタスPC-6B。
かつて南極観測隊が使用する為に、極地研究所が2機だけ輸入した内の1機です。
実働年数11年、総飛行時間は1750時間程で用途廃止となり、この小松の地に安住の地を
得ました。
しかしこの飛行時間、勿体ねぇなぁ。
ちなみに右翼の下に写っているのは、石川県在住の方が作成した自家製飛行機のエバンスVP-1。
説明板によると何回か飛行したそうですが、自分で飛行機造っちまうって、何者ですか!?


AIR_PLAZA04.jpg
次はドルニエDo28A-1。
昭和37年に1機だけ輸入された物で、非常に珍しい飛行機です。
まず何が珍しいかと言うと、エンジンの装着場所です。
通常双発機のエンジンと言うのは翼についてたり、翼から吊るされてたりする物ですが、
この機体は胴体に張り出しを付けて、その先にエンジンを設置してます。
これは少しでも揚力を得る為に考えられたらしいんですが、普通こんな形は考えんわな。
ってか、こんな機体が良く残ってたもんだ。


AIR_PLAZA05.jpg
こちらは、国産支援戦闘機のF-2のコックピット部分のモックアップ。
複座型なので、F-2Bになりますな。
そして下の並べられているのが、燃料タンクと対艦ミサイルのモックアップです。
モックアップって、こんな物まで作るもんなんですねぇ。
知らんかったです。
ちなみにF-2の単座型のモックアップは、空自の浜松広報館で塗装をされて展示されてますが、
複座型のモックアップは機首部のみが製作され、ここの展示されているのが国内唯一の物に
なります。


AIR_PLAZA06.jpg
そして空旅に取って一番嬉しいのが、この全日空で使用していた、YS-11のシミュレータです。
でもってこのシミュレータ、実際に稼働して操縦を体験が出来ます!
ただ空旅がここを訪れたのは、日曜日の午後。
既にシミュレータは2時間待ちとなっていた為、泣く泣く諦めました。


この航空プラザ、実機の展示だけではなく、飛行機の飛ぶ仕組みなども模型や図を使用して、
実に判り易く説明してくれてます。
そう言った意味では、子供から大人まで楽しめますし、勉強が出来る施設ですね。
ちなみに空旅は、次は空いてる時に行って、YSのシミュレータを絶対に経験するんだと心に
誓ってたらしいです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ