蒼空に魅せられて
飛行機に魅せられて、あちこち旅するおっさんのブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
平成27年度 自衛艦一般公開
ども、空旅です。


今年は3年に一度の海上自衛隊の観艦式が実施される年です。
かなり前から一度艦上からこの観艦式を見てみたくて、その度に申し込みますが
抽選に当たった試しが無いです。
で、当然の様に今年も落選でした。


この観艦式が実施される時には、その前に艦船の一般公開が実施されます。
落選の憂さ晴らしでは無いですが、普段横須賀ではなかなか見る事が出来ない
艦船が一般公開されるので、これを見逃す手はありません。
と言う訳で、横浜の新港埠頭&大桟橋で行われた一般公開に行って来ました。


JMSDF_20151017_01.jpg
まず始めに向かったのは、新港埠頭で公開された潜水艦救難艦「ちはや」と
訓練支援艦「くろべ」です。
左が「ちはや」右が「くろべ」で、どちらも広島の呉所属の艦になりまして、
「ちはや」は3年前の一般公開でも見学してますが、「くろべ」に乗艦するのは
今回が初めてです。


JMSDF_20151017_02.jpg
毎度お馴染の荷物検査を何事もなく通過し、「ちはや」に乗艦して最初に出迎えて
くれるのは、3年前と同じくDSRV(深海救難艇)です。
やっぱり良いんだよなぁ、これ。


JMSDF_20151017_03.jpg
3年前は人が多すぎて撮影を断念した「ちはや」のブリッジがこちら。
船体の大きさの割にはコンパクトに纏められています。


JMSDF_20151017_04.jpg
こちらは、「くろべ」の前部甲板に設置されているオート・メラーラ76mm単装砲。
相変わらず砲身が長いです。


JMSDF_20151017_05.jpg
さて今回は一風変わった写真を撮りたいと思い、普段は余り持ち歩かない魚眼レンズを
持って行ったのですが、そのレンズで撮ったのがこちらです。
ちなみに空旅が立っているのは、砲身の先端のほぼ真下。
魚眼レンズならではの構図ですね。


JMSDF_20151017_06.jpg
「くろべ」の後部甲板から見た中央構造物。
目の前には格納庫の様な大きな開口部があり、甲板自体ヘリが着艦出来る様になって
いますが、この艦にはヘリの配備は有りません。


JMSDF_20151017_07.jpg
前の写真で見えていた格納庫の様な開口部の中では、ちょうど一日艦長の任命式が
行われていました。
皆さん、やはり姿勢が良いですなぁ。
ちなみに写真の奥では演奏を行った音楽隊がちらりと見えていますが、この音楽隊は
空自の南西航空混成団所属の南西航空音楽隊。
観艦式での助っ人として、わざわざ沖縄から来て乗艦しているとの事。
もちろん海自にも音楽隊は有りますが、総動員しても足りないんでしょうね。


JMSDF_20151017_08.jpg
この「くろべ」、艦種が“訓練支援艦”となっている事からも解りますが、各護衛艦の
対空訓練の支援の為に、高速標的機(CHUKURⅢ)の発射及び管制誘導を行うのが主な
仕事となっています。
そのCHUKURⅢがこちらです。
このCHUKURⅢは先程の後部甲板から発射されますが、最大で4機の管制誘導が行えます。


JMSDF_20151017_09.jpg
「くろべ」後部で、風になびく自衛艦旗と瑞穂埠頭に停泊中の輸送艦「おおすみ」(左)と
補給艦「ましゅう」(右)を絡めて撮ってみたのがこちらです。


JMSDF_20151017_10.jpg
新港埠頭で「ちはや」と「くろべ」を見学した後は、大桟橋にて公開中のへり搭載護衛艦の
「いずも」へと向かいます。
写真は大桟橋のデッキから撮影した「いずも」です。
この「いずも」は今年3月に竣工した最新鋭護衛艦であり、今回の横浜港での一般公開の
目玉と言う事で、結構な見学者が訪れてましたね。


JMSDF_20151017_11.jpg
「いずも」への乗艦はまずタラップで巨大な格納庫へと入り、そこから前部エレベータで
飛行甲板へと上がります。
で、その時のお約束の写真がこれ。
エレベータの開口部から見える艦橋です。


JMSDF_20151017_12.jpg
ちなみにここでも魚眼レンズを使い撮ってみたのがこちら。
個人的には結構好きな構図です。


JMSDF_20151017_13.jpg
こちらは入れ違いに格納庫へと降りて行く見学者を乗せたエレベータが、下降を開始した
所です。
いやはや、凄い人ですなぁ。
ただこのエレベータの能力としては、これだけの人が乗ってても全然余裕だそうです。


JMSDF_20151017_14.jpg
右舷側に設置された艦橋です。
うん、やっぱりでかいですな。


JMSDF_20151017_15.jpg
「いずも」の甲板は、ヘリの効率的運用を考えた全通甲板となってますが、その広さは
前のクラスの「ひゅうが」に比べて面積で1.5倍の広さがあり、一度に5機のヘリの発着が
可能となってます。
で、その甲板の広さを解って貰おうと思い、甲板上にカメラを置いて撮ってみたんですが、
余計解らなくなってますな・・・。
ちなみにこの甲板は特殊な塗装がされている為、走って転ぶとえらい事になります。


JMSDF_20151017_16.jpg
甲板後部に係留展示されていたSH-60 3機の後部ロータの並びと、「いずも」の艦橋後部の
ヘリの発着艦指揮所を絡めて撮ってみたのがこちらです。


JMSDF_20151017_17.jpg
「いずも」艦尾に掲揚された自衛艦旗とベイブリッジの組合せ。
これで天気が良ければ最高な景色なんですけどねぇ。


JMSDF_20151017_18.jpg
こちらは降下を開始したエレベータ上から、格納庫内を魚眼で撮ったものです。
順番待ちの人が凄い数でした。


JMSDF_20151017_19.jpg
本日最後の写真は、「いずも」の中間付近の大桟橋のデッキから魚眼で撮影してみた物です。
なんかチョロQ状態になっちゃいました。
まあ全長248mの船を真横から撮ったらどうなるかと思って持って行った魚眼レンズなので、実は
この写真が今日一番撮りたかった写真でもあります。


一昔前まで護衛艦の一般公開に行くと言うと「お前右翼なの?」と言われたり、公開場所の
近くで一部の方々がシュプレキコールを上げている事もありました。
いやはや随分と変わったものです。

海上自衛隊の護衛艦は、基本的には闘う為の軍艦です。
ただしその乗組員の方々は、シーマンシップを持った心優しき船乗り達です。
願わくば彼らが闘う事など無く、護衛艦も無事に退役の日を迎える事を心から願っています。


<本日のおまけ>

JMSDF_20151017_おまけ01
新港埠頭停泊中の「ちはや」の横に停めてあった3台の自転車。
右から「艦長用」「副長用」「先任伍長用」と書かれてました。
専用車があるんですねぇ。


JMSDF_20151017_おまけ02
新港埠頭から大桟橋に向かう途中、赤レンガパーク付近で撮影した写真です。
大桟橋の向こうに「いずも」の艦橋が見えますが、一瞬何で船体が見えてんだ?と思いました。


JMSDF_20151017_おまけ03
山下公園の名所である氷川丸の係留チェーンに、ずらりと並んだ鴎達。
なんか癒されました。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ