蒼空に魅せられて
飛行機に魅せられて、あちこち旅するおっさんのブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
多度津訪問 9月29日編
ども、空旅です。

9月半ばに始まった仕事の忙しさに一段落が付き、週末に時間が取れたので
多度津に行ってきました。

高松空港からレンタカーで、いつもの漁港へと向かうと、そこで見えた景色は・・・
羊蹄0929_01
そこには見慣れない船の姿が有りました。
コレハイッタイナンデスカ・・・


羊蹄0929_02
いつもの左舷後方からの写真です。

羊蹄0929_03
羊蹄0929_04
船楼甲板上に残っているのは、ブリッジ下部と普通船室中央部、そして後部の通風筒等のみ。
上部構造物のほとんどが撤去されてしまった為、船体が軽くなり、左舷防舷材の位置が、
海水面からかなり上にきています。
コレハイッタイナンデスカ・・・


羊蹄0929_05
いつもと同じ様に堤防によじ登り、いつもと同じ角度で写真を撮ります。
空が今まで以上に広いです。

羊蹄0929_06
羊蹄丸の船名と、洞爺丸事故を教訓に開発された国鉄型と呼ばれるアンカー。
この組み合わせは、いつまで見る事が出来るのでしょうか。

羊蹄0929_07
羊蹄0929_08
船楼甲板上に残っているブリッジ基部と普通船室中央部、ここにもバーナーによる
焼き切りのラインが既に入り、そう遠くない日に取り払われるでしょう。

羊蹄0929_09
こちらも船楼甲板上にポツンと残されている物体。
船の博物館時代に取り付けられたエスカレータの名残ですね。


羊蹄0929_10
視線を変えてみると、ブリッジから取り外された機器類が、山積みにされています。

羊蹄0929_11
敷地の端に山積みされた上部構造物の残骸達。

羊蹄0929_12
手前の煙突の残骸は、前回訪れた時と積み方が変わっていて、そしてその向こうには・・・
左舷シンボルマークが無造作に置かれていました。

羊蹄0929_13
かつては船のトップにあり、大きな存在感を示していた操舵室。
その操舵室は天と地がひっくり返り、窓ガラスは割れ、寂しげに積み上げられていました。

羊蹄0929_14
新居浜での展示で貼られていた操舵室への順路案内、静かに風に揺れていました。


前回訪れてから20日間、その間に羊蹄丸はその姿を大きく変えていました。
その間の変化は、ネットで色々と見ていました。
だから、自分の中では覚悟をしていたつもりでした。
しかしいざ現実の姿を目の前にした時、その覚悟は簡単に打ち砕かれました。

羊蹄丸、あの優雅な姿はもうどこにもありません。
これが現実という物なんですね。
今日一緒に行った友人と、帰りの高松空港のかな泉でビールを飲んでいた時、
その事に気がついて、不覚にも涙が出てきました。
スポンサーサイト
コメント
コメント
お疲れ様でした。
ブログ拝見しました。
お疲れ様でした。
ありがとうございます。
さぞや、辛かったと思いますが、ちゃんと対面されたのですね。
私は、もう直視できませんが、本当に掲載して下さり、感謝しております。
2012/09/30(日) 15:01:31 | URL | 近鉄バファローズ #- [ 編集 ]
今度お越しの際は
やはり、時々来られているのですね。
以前、オークションで戦った者です。
関係筋からブログの事を聞いたので、お邪魔しました。
皆が避けるミッションは必ず後世で必要になります。こちらでも協力できる事は遠慮なくお願いします。
積もる話はまた…
2012/09/30(日) 20:21:37 | URL | 戦友 #- [ 編集 ]
ご苦労様です
遠方よりの確認作業ご苦労様です。
最近残業・休日出勤・日没時間の関係で休日位しか確認しに行く暇が無く、他の情報源から何某が外された等の一報を聞くことが多い有様ですが、何とか一週間に一回のベ-スで定点観察行動を続けております。

左舷側のシンボルマ-ク、先週日曜日に確認した際にはシンボルマ-クを避けて切り込みが入っていたので、「まさか保存!?」と期待してましたが、残念ながら本日こちらも確認しました。

解撤のベ-スが早すぎて、解っているとはいえ辛い光景です・・・。

それと国鉄型アンカ-についてですが、私も最近知らされたのですが、錨メ-カ-の有限会社、中村技研工業のHPでの解説(HPhttp://www1.ttcn.ne.jp/~vulcan-anchor/index.html内、いろいろな錨参照)に依ると、開発時には既に特許権は切れていたそうですが、アメリカで開発されたバルド-アンカ-と全く同じ物という見解を示しています。後、面白い事に津軽丸型以降建造の国鉄連絡船がこの錨を艤装していますが、NIST航海訓練所の練習船「大成丸」がこの錨を採用しています。「大成丸」もあと2年程度で退役ですので、興味あれば撮影はお早めに。
2012/09/30(日) 21:44:20 | URL | 宇高連絡船愛好會記録部長 #a0zlz/WY [ 編集 ]
コメント有難うございます
どうも、コメント有難うございます。

近鉄バファローズ 様

あの状態の羊蹄との対面は、あまりにも辛かったです。
特にあのシンボルマークを見た時は、余りの事にカメラを落としそうになりました。
今後は、どのように作業が進んでいくのか、そしてその姿を見続ける事が出来るのか。
正直に言って、今の私には自信がありません。


戦友 様

ようこそお越し下さいました。
私にとっての羊蹄は、やはり特別な存在です。
戦友様がおっしゃる「後世で必要になる」などと言った大袈裟な事ではなく、
自分にとって大切な物の最後には、出来るだけ側に居たいと言う個人的な理由で、
何度か通っています。
ただ、今回の出来事は、あまりにショックが大きかったです。


宇高連絡船愛好會記録部長 様

確かに解体のペースが早いなと感じています。
特にお盆を過ぎてからは、そのペースが一気に加速した気がします。
日々変わっていくその姿に、シップリサイクルとは何なのかを改めて考えています。
2012/10/01(月) 21:50:54 | URL | 空旅 #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ