蒼空に魅せられて
飛行機に魅せられて、あちこち旅するおっさんのブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
種子島宇宙センター
ども空旅です。


先日種子島を訪れた際、JAXAの種子島宇宙センターの見学ツアーに参加して
きました。
当日は天気が悪く、また12/9に控えたこうのとり6号の打上げ準備の為に
ツアーの一部が見学出来ませんでしたが、なかなか楽しめました。


種子島宇宙センター_01
宇宙センターの敷地内にあるロケットの丘展望所から見た大型ロケット発射場の
全景で、大型ロケット発射場の広さは東京ドーム4個分という広さがあります。

写真の中央やや左にある白い建物が大型ロケット組立棟で、ロケットの最終組立が
この建物で行われます。
ちなみにこの建物のロケットを搬出する側の扉は引き戸になっていますが、その
大きさは世界一の大きさで、ギネスブックにも載っているそうです。

続いて写真の右側に2本の鉄塔が二組ありますが、右側から第1射点と第2射点と
なっていて、第1射点はH-ⅡAロケットの打上げ、第2射点はH-ⅡBロケットの
打上げに使用されます。

ちなみに写真の左側にある鉄塔は、打上げに必要な気象データを取得する為の
気象塔で、その高さは80mあります。


種子島宇宙センター_02
敷地内の大崎第一事務所には、打上げが中止となったH-Ⅱロケット7号機が
各パーツに分解されて保管されています。
写真はその第2段部分になりますが、見た瞬間に出た言葉は「でけぇ!」の
一言でした。


種子島宇宙センター_03
同じくH-Ⅱロケット7号機の先端部分にあたるフェアリングです。
このフェアリングですが、打上げられるロケットの中で回収される数少ない部分に
なります。


種子島宇宙センター_04
種子島宇宙センター_05
H-Ⅱロケットに搭載されていたエンジン2種類です。
上が第1段ロケットのエンジンであるLE-7エンジンで、その推力は約110tのパワーを
持っており、その力はB747のエンジンの4倍のパワーになります。
下は第2段ロケットのエンジンであるLE-5エンジンです。
ちなみにどちらのエンジンも改良が加えられて、現在の主力ロケットのH-ⅡAや
H-ⅡBにも使用されています。


JAXAには全国に多くの施設が有りますが、その大半は無料で見学する事が出来ますので、
一度見学に行かれては如何でしょうか。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ