蒼空に魅せられて
飛行機に魅せられて、あちこち旅するおっさんのブログです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
八幡平アスピーテライン
ども、空旅です。

皆さんは「八幡平アスピーテライン」って道路をご存知でしょうか?
この道路、正式には岩手県道23号線・秋田県道23号線と言い、岩手県の大更と
秋田県の鹿角を結ぶ道路です。
この道路は両県に跨る八幡平を越えていくのですが、豪雪地帯で知られる八幡平の
事、毎年11月中旬から翌年4月中旬までは雪の為に冬季閉鎖となり、4月の開通
から暫くの間は、道路の両側に出来た雪の壁の中を自分の運転で走る事が出来ます。
(雪の壁と言えば富山立山の「雪の大谷」が有名ですが、あちらは自分の運転では
通る事は出来ません)
今年の桜見学ツアーでは宿を岩手の八幡平温泉郷に取っていたので、大館からの
移動時にこの道路を通って移動しました。


2017_アスピーテライン_01
アスピーテラインへのアプローチである国道341号線の途中で見掛けた桜並木。
まだちょっと若い樹でしたが、あと10年もすれば立派な桜並木になる事でしょう。


2017_アスピーテライン_02
アスピーテラインに入り、八幡平スキー場を通り過ぎた所にあった休憩所で撮った
写真です。
写真の左側に赤い屋根がちょっとだけ見えますが、これは蒸ノ湯温泉という温泉の
建物です。


2017_アスピーテライン_03
同じ休憩所から岩手県方面への道を撮影してみました。
これから道路両側の雪は少しずつ高さを増して行く事になります。


2017_アスピーテライン_04
標高1560m付近にある大深沢展望台から見た岩手山です。


2017_アスピーテライン_05
秋田県と岩手県の県境である見返峠にあった県境の標識です。
ここの標高は1610m程で、八幡平の山頂までは歩いて30分程の近さです。
と言っても、この時期に山頂を目指すには、それ相当の装備をしてないと無理
ですが・・・。


2017_アスピーテライン_06
見返峠から見た岩手山です。
写真では切れてしまっていますが、左側に稜線がすーっと伸びていて、その雄大さに
暫し見とれていました。


2017_アスピーテライン_07
見返峠でこれから向かう岩手県側を見ると、こんな感じになってました。
車の高さの3倍程の高さの雪の壁。
この壁の間を運転するのは、なかなかに気分が良かったです。


2017_アスピーテライン_08
見返峠から下ってきた所の休憩所で撮った写真です。
写真に写っている建物は、旧松尾鉱山のアパート群跡です。


2017_アスピーテライン_09
県道からちょっと脇に入り、旧松尾鉱山のアパート群跡の近くに行ってみました。
旧松尾鉱山はかつて東洋一とも言われた硫黄鉱山で、最盛期の人口は15000人余り、
写真のアパート群は緑ヶ丘アパートと言う鉱山職員用のアパートで、昭和20年代
後半に建てられました。
鉄筋コンクリート建て、当時はほとんどなかった水洗トイレも完備していました。
その繁栄を誇った松尾鉱山も、時代の流れから1969年に閉山して会社も解散、そして
鉱山の跡にはこの廃アパート群と、廃坑から出る排水(鉱毒水)による北上川への
水質悪化を防ぐ為の中和処理施設だけが残されました。


2017_アスピーテライン_10
翌日、東北道の松尾八幡平IC近くで見た桜、まだ満開までにはなってませんが、
綺麗でした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ