蒼空に魅せられて
飛行機に魅せられて、あちこち旅するおっさんのブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
旅客型YS-11の終焉
ども、空旅です。


既に2週間も前のネタになってしまいますが・・・。


航空自衛隊の第3輸送航空隊第403飛行隊に所属していたYS-11P型の最後の1機が
先日退役しました。
最後のフライトは、5/29にベースである美保から小牧へとフェリーされるフライト
でしたが、その前日の28日に行われた美保基地の航空祭でさよならフライトが実施
されました。


空旅はその日、隠岐からフェリーで境港に到着してそのまま米子空港の滑走路端へと
移動、そのさよならフライトを見守りました。


20170528_YS-11P_さよならFLT01
快晴の空を背景に、空に駆け上がるYS-11P 152号機。


20170528_YS-11P_さよならFLT02
基地周辺を周回した後、翼を振りつつ基地上空を横切るYS-11P 152号機。


空旅のその日の機材は、完全に観光モード。
EOS 7D + 24-105mmのズーム1本では、この写真を撮るのが限界でした。


かつて旅客型のYS-11がANKやJACで飛んでいた頃、その撮影の為に北は稚内から南は
与論島まで駆け回りましたが、民間ではYS-11の運用は既に終わり、今回の152号機の
退役で日本の空から旅客型のYS-11の姿は消えました。
現在残っているのは、航空自衛隊のフライトチェッカーのYS-11FC、電子戦訓練機の
YS-11EA、電子情報収集機のYS-11EBのみとなりました。
この内、オリジナルのエンジンを搭載しているYS-11FCは、既に後継機の取得予算が
計上され、2020年には退役となる見込みです。

名機とも迷機とも呼ばれたYS-11が日本の空から姿を消すのも、あと数年となりました。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ