蒼空に魅せられて
飛行機に魅せられて、あちこち旅するおっさんのブログです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
ゼロ戦組み立て見学会
ども、空旅です。

今日は有給を取って、所沢にある航空発祥記念館に行ってきました。
目的はこれ!
zero_01

今回アメリカから里帰りした「零式艦上戦闘機五二型」の組み立て見学会に
参加する為でした。
このゼロ戦、航空発祥記念館で開催されている「日本の航空技術100年展」の
目玉展示物として里帰りしたもので、栄エンジンで唯一飛行可能な機体です。

それでは、見て行きましょう。

zero_02
朝10時過ぎに格納庫の扉が開き、昨日の作業の終了した姿が見えてきました。

zero_03
今日の作業の為に、格納庫前の駐車場に押し出されるゼロ戦。

zero_04
押し出しが完了し、今日の作業がこれから始まります。

zero_05
今日一番見たかったのがこれ。
栄二一型エンジン。
非力だなんだと酷評される事もありますが、ゼロ戦と言えばこのエンジンですよね。

zero_06
まず最初に、スピナーが取り付けられました。

zero_07
後部にまわってみると、尾部がまだ取り付けられていないので、尾輪の構造が
良く解ります。

zero_08
用意されていた観察台から見る栄エンジン、まさに『機械』ですね。
それと飛び出し式の足掛けの位置が良く解ります。

zero_09
これは、午前中の作業が終了した段階での右サイドです。

zero_10
続いて午後の作業が始まり、尾部が取り付けられました。

zero_11
続いてエンジンカウルが取り付けられます。
これで栄エンジンの姿が見えなくなりました。

zero_12
組み立て作業が終わり、零式艦上戦闘機五二型の姿が目の前に現れました。

zero_13
右斜め前からの姿です。

zero_14
右斜め後方からの姿です。

zero_15
ひた真後ろから、胴体だけを狙ってみます。
これを撮影した所で、見学会終了のアナウンスが流れました。

zero_16
今日の日程が終わり、格納庫内に押し込まれるゼロ戦。
12月1日の公開開始まで、暫しのお休みです。

取り敢えずダメ元で申し込んだ見学会でしたが、当選できて良かったです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ