蒼空に魅せられて
飛行機に魅せられて、あちこち旅するおっさんのブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
釧路遠征 その2
ども、空旅です。

今回の遠征先である釧路、エアーニッポンのYS-11がまだ丘珠-釧路間に飛んでいた2001年以来、
実に12年ぶりの訪問でした。
以前訪れた時は、YSの撮影をする事だけを考えていましたが、折角高いお金を掛けて行く訳ですから、
今回は一度見に行きたいと思っていた所にも行くことにしました。
で、何を見に行ったのかというと、これです。
20130128_丹頂鶴_01
そう、丹頂鶴です。
一度見てみたかったんですよね。

まず最初に訪れたのは、丹頂鶴のねぐらが撮影できる場所として有名な音羽橋。
そこで撮ったのがこの写真。
20130128_丹頂鶴_02
川から立ち上がるけあらし(川霧)の向こうに、丹頂鶴の姿が見えます。

そしてそこからちょっと移動した山の上から撮ったのがこれ。
20130128_丹頂鶴_03
写真の下1/3位の位置にあるのが音羽橋で、橋の上に居るのは、すべて丹頂鶴を撮影に来ている
カメラマン達です。
ちなみに時間は午前7時前。
余り他人の事を言えませんが、皆さん朝から気合が入ってました。
宿の人の話では、最盛期の2月には、隙間も無い位にカメラマンが並ぶそうです。

この後宿に一度戻って朝食を取り、今度は飛び立つ丹頂鶴を撮りに再び音羽橋へ。

20130128_丹頂鶴_04
20130128_丹頂鶴_05
20130128_丹頂鶴_06
いやはや何と言うか、飛んでいく姿の美しさに息を飲みました。

そして、ねぐらに丹頂鶴の姿がほとんど居なくなった所で場所を移動。
次に向かったのは、冬場の給餌場となっている鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ。

20130128_丹頂鶴_07
ここには200羽位の丹頂鶴がやってくるそうですが、その集まっている一部を撮ったのが
この写真。
私が行った時には、入れ替わり立ち替わりしながら、全部で100羽前後は居たと思います。

この場所では、丹頂鶴の色々な姿を見る事が出来ました。

20130128_丹頂鶴_08
20130128_丹頂鶴_09
悠々と飛来してきて、着陸する姿。
器用に羽を広げ、見事な位にブレーキを掛けて着陸しています。

20130128_丹頂鶴_10
つがいなのか、2羽並んで飛んでくる姿。

20130128_丹頂鶴_11
くちばしを空に向け、大きな声で鳴いている姿。

20130128_丹頂鶴_12
雪の上に播かれた餌をついばむ姿。
頭のてっぺんが赤くなっていないのを見ると、まだ若い丹頂鶴と思われます。

20130128_丹頂鶴_13
これまたつがいなのか、2羽仲良く並んで歩いています。

20130128_丹頂鶴_14
20130128_丹頂鶴_15
20130128_丹頂鶴_16
そして、「ダンス」と呼ばれる行動を取る姿。

20130128_丹頂鶴_17
こちらは、敷地の隅の方に居た若い丹頂鶴。
首から上が茶褐色なので、若いと言うより幼鳥でしょうか。
一生懸命にダンスの練習(?)をしていました。

これまで映像などでは見ていた丹頂鶴を、今回初めて生で見ました。
宿の人に聞いた所、この時期には1週間連泊で丹頂鶴を撮影に来る人も居るそうです。
何となくその人の気持ちが、ちょっとだけ解ったような気がしました。
スポンサーサイト
コメント
コメント
丹頂&MD90
丹頂を初めてご覧になったのですね。
私が北海道に移住するきっかけは丹頂に魅せられた事も有ります。
人の人生をも変えるくらい魅力の有る生き物です。
また、釧路空港でのMD90、、、昔JASのアテンダントと付き合っていたことがあり、釧路空港で有って湿原を見て回り送って行った事もありました。
遠い昔の話です。
色々と思い出してしまいました。
2013/02/04(月) 18:33:35 | URL | 近鉄バファローズ #- [ 編集 ]
近鉄バファローズ 様

>丹頂を初めてご覧になったのですね
はい。やっと念願が叶って、この目で見る事が出来ました。
画像で見ていた以上に、その美しさに圧倒されました。
やはり自然は偉大です。
2013/02/05(火) 23:11:10 | URL | 空旅 #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ