蒼空に魅せられて
飛行機に魅せられて、あちこち旅するおっさんのブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
高松空港のB787
ども、空旅です。

先日多度津の羊蹄丸を訪ねた際、高松空港で撮影してきた物があります。
それがこちら

TAK_B787_01
今年1/16に山口宇部空港を出発し、高松空港に緊急着陸したB787、機体登録番号JA804Aです。
その後国土交通省がB787の運航停止を指示した為、羽田に戻る事も出来ずに高松に駐機した
状態のまま、間もなく1ヶ月になろうとしています。

TAK_B787_02
同機体を真後ろからアップにしてみました。
両エンジンの吹き出し口にカバーが掛けられているのが解ります。
また、前部貨物室のドアが開けられており、電源ケーブルも接続されています。

TAK_B787_03
撮影している時、東京行きの998便が離陸していきました。
最新型でも空を飛べないB787と、製造されてから15年になるA320。
この離陸していく登録番号JA8947ですが、2001年12月に新潟から那覇に向けて飛行中、
高度35000フィートで客室内で急減圧が発生し、緊急降下の上で伊丹空港に緊急着陸を
行いましたが、原因は与圧システムのバルブの不良という事で、重大インシデントが
報告されています。何の因果なんだか・・・

TAK_B787_04
ちなみにB787が駐機しているスポットですが、ちょうど滑走路の反対側にはYS-11が
保存展示されています。
そのYS-11と絡めて撮影したのがこの写真です。

YS-11も就航当初、様々な機体トラブルが発生しましたが、それを乗り越えて『名機』とまで
言われる飛行機になりました。
B787もこのトラブルを乗り越えて、皆に親しまれる飛行機になって欲しいものです。

余談・・・
国土交通省では、国が管理する4空港(羽田・高松・松山・熊本)に駐機しているB787に
ついては、『行政上の必要から航空会社が航空機の着陸を命令された場合は、駐機料を徴収
しないとの規定』に基づいて、駐機料が免除するそうです。
それじゃ成田にいるJALのB787は、駐機料取られてるんですかねぇ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ